スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日は秋田市出張でした。
  一人2時間半の運転は多少きついです。(年を感じますね・・・・)
 
 帰りの車中流れてきた、党首討論のニュース。
 「郵政問題の社長人事」での殊勝答弁はあまりにも詭弁と感じた。
日本郵政は政府が全株を所有する「国有企業」であり、人事の許認可権は総務大臣が持つものであり、対応が不十分なら認可しない事は当たり前。
決して「介入」ではなく、行政としての「責務」と考えるが・・・・・???

苦しい弁明を繰り返すたびに、信頼を失っていくように感じるのは私だけ?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。